多店舗に対応したデジタルチラシ生成システム

小売業
GDNLPUI/UX設計システム開発

このシステム開発で実現したポイント

・1000店舗以上の店舗のチラシも対応可能!
・紙チラシの制作コスト、運用コストを下げ、集客の増加に期待。
・データの軽量化によるサーバーへの負荷軽減。

開発概要

このデジタルチラシ生成システムはシステムで静的ページのhtml商品掲載ページを生成するものです。

スマホの保有率は79.7%、20~49歳では100%以上で1人1台以上保有していると言われている「時代にあったチラシのあり方」を実現するには大きな壁がありました。

店舗ごとによる掲載内容の違い、制作のリソースやコストの問題などです。

多店舗に対応したデジタルチラシ生成システムは実店舗の活性化を目的に「未来のチラシのあり方」を考えたシステム開発です。

企業様が抱える悩み

・店舗ごとに取扱い商品が違うため、チラシと同じ掲載を全てデジタルチラシ化に対応することができなかった。
・チラシをデジタル化はしていたが、制作者のリソース、コストが割にあわない状態になり、サービスをストップした。
・折込チラシを見ない世代に、チラシを届けれない。

実店舗が数百店舗、数千店舗あり、折込チラシをしている企業様は、このシステムを使っていただくことで、実店舗とお客さまを繋ぐことが、よりできると考えております。

動的ではなく、静的ページ生成がよい理由

あらゆる通信環境、デバイスでも快適なページ閲覧を可能にするためです。

動的ページにした場合、サーバーへの負荷やモバイル通信の環境で画面表示が遅くなる懸念がありました。

仮に動的ページにてチラシをデジタル化した場合、チラシ情報を画面表示させるために、どのエリア、どの店舗、どの商品、どの価格など必要な情報をデータベースから引きだすという工程が必要です。

すると通信環境や、データ量によって表示速度の課題がどうしても発生します。

800店舗あればエリアによってチラシの内容が異なることも多いので、膨大なデータ通信が必要になります。

万が一、アクセスが集中してしまうとサーバー負荷が高くなり、チラシ情報がスマホ画面に表示されず、離脱するユーザーも増えると容易に想像できます。

システムでhtml生成した静的ページであれば、データベースとのやりとりがないので、ユーザーはストレスなくスムーズにデジタル化したチラシをスマホで見ることができます。

多数店舗の検索機能について

多店舗であれば、当たり前ですが店舗の検索機能も必要です。
最寄りの店舗検索、キーワード検索、都道府県、市区町村分類したリスト検索機能をつけております。
今後、より快適に店舗検索するための機能も考えておます。

今後の期待

チラシのデジタル化は折込チラシの紙の資源や制作費用を抑えることにも繋がります。

オウンドメディアや広告媒体と組み合わせるなど発想次第で制作コストを下げ、戦略の幅を広げることに繋がり、リアルの実店舗も活性化し、企業にとってよい循環あると期待しています。